〒779-1112 

 

徳島県阿南市那賀川町色ヶ島

大久保67-1 

 

 

   歯科/わたなべ歯科

 

 

 

 

矯正治療のいろいろな質問を集めてみました。不正咬合の種類や年齢によって変わってくることも多いのですが、一般的な解答例になっています。

 


 

 

 

前歯4本が永久歯に生えかわる頃に始めます。できれば気になる方は、それ以前の5〜6才頃に、一度相談されることをおすすめします。また、学校の健診で不正咬合を指摘された時や、自分や周りの人がおかしいなと気づいた時など、気になった時点で早めに相談を受けるのがベストです。特に歯を抜かずに治すことを希望される方は、早めに相談されることをおすすめします。

 

 


 

 

 

不正咬合の種類や開始年齢によっlて違いますが、全体的な永久歯の矯正治療の場合、約2年〜2年半です。骨格に問題のある場合は、小学校低学年から始めるようになります。特に、受け口の方は長期の観察が必要になる場合もあります。

 

 


 

 

療内容によって違いますが、通常は月に1回です。

 

 


 

 

矯正治療による負担の大きさは、個人々によって違います。もし、ストレスになるようなら受験直前はさけて、適切な時期にスタートします。

 

 


 

 

はじめて装置をつけたときや、装置の調整を行ったときは、歯が浮いたような痛みを感じる人もありますが大きな痛みではないので、あまり神経質になる必要はありません。

 

 


 

 

当初は一時的にしゃべりづらくなる人もありますが、反対咬合や開咬などで、サ行タ行の発音が不明瞭な方は、治療がすすめば発音もよくなってきます。

 

 


 

 

できます。しかし、アゴの骨の成長が終わってるので、治療結果にある程度の限界がある場合もあります対人関係でセルフイメージをよくするため、成人矯正は増えてきています

 

 


 

 

関節症の症状がある場合は、スプリント療法などでアゴの治療をしながら矯正治療をすすめていきます。

 

 



 

矯正Q&A

 

 


Copyrights 2007 Watanabe Dental Clinic , All Right Reserved