歯周病、出産のリスクに影響?

日本人が歯を失う原因の80%以上を占める「虫歯」「歯周病」、そのリスク

 

歯のクリーニング機材「LALA PARFAIT(ララ パルフェ)」を販売するシネックスインフォテックは、11月8日の「いい歯の日」にちなんで歯に関する調査結果を発表した。

20歳代—60歳代の男女1000人を対象に歯の病気の理解度を調べたところ、「虫歯」については「病名を知っており、具体的症状も分かる」と回答した割合が82.5%であるのに対し、「歯周病」で同様の回答をした人は45.9%にとどまった。

歯周病の症状を挙げ、あてはまる症状があるか尋ねると、75.5%が「何らかの症状にあてはまる」と回答した。具体的には、「歯にものが挟まりやすい」(53.8%)と感じている人が最も多く、次いで「口臭が気になる」(34.8%)、「歯を磨くとき、歯茎から出血することがある」(27.7%)、「以前より、歯が伸びた感じがする」(15.7%)と続いた。

厚生労働省の調査によると、日本人が歯を失う原因の80%以上は歯周病および虫歯とされている。多くの人が名前だけは知っているが詳しくは理解していない歯周病は、妊娠時に胎児に影響を与えるリスクが高いことが近年明らかになってきたという。

Jasta Dental Clinicの瀬戸一雄院長によると、歯周病が早産・低体重児出産を引き起こすメカニズムの全容は完全には解明されていないが、歯周病によって増える血中の炎症性物質が何らかの仕組みで作用し、出産時期より早い子宮収縮を誘発するため、早産や低体重児出産の危険性を高めると考えられている。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>